2022年02月02日

初心者のための30日間日割りテキスト



途中で投げ出すことができない30日間日割りテキスト




多くの情報商材は難しすぎたり、面倒くさかったりで、ついつい途中で投げ出してしまいがちです。

ネット業というのはノルマがないから、別にやらなくても給料カットされるわけでもない。

だから、やらない。

まあ、途中で投げ出したら収入はないですけどね。

1日怠ると、次の日はなかなかその気になれない。

その次の日はもっとその気になれない。

日が経つにつれて、いつのまにかほったらかし状態です。

返金保証を利用しようにも、全部実行していないから、それも無理。

学校時代にそれなりに勉強していたのは、宿題や試験があったからですよね。

宿題をやらなければ、先生に怒られる。

試験で赤点取れば、進級や卒業ができない。

だから、ある程度の落ちこぼれでも卒業できたのです。

民間企業のノルマは、いわば学校時代の宿題や試験みたいなものですよ。

この個々のノルマがあるから会社員は給料もらえるわけで、会社は経営維持できるわけです。

ネット業のような自営業にはノルマがありません。

もし、ネット業に日割りのノルマがあれば、どうでしょうか。

ノルマといっても数字の実績ではありません。

学校時代の宿題の感覚です。

多くの情報商材は成功までの手法が記載されておりますが、日々やらなければならない課題というものがありません。

自己管理のできない人は、そこでつまずくんですよね。

もし、30日で起業して収入を得ることを前提に、日々の課題を明確に区分けしていたとしたら、どうでしょう。

課題を設定するのはあなたではありません。

日割りテキストがその日にやらなければならない課題を設定してあります。

課題は30回分です。

つまり、毎日与えられた宿題をこなせば、30日後にはネット収入を得られる起業家になることができるのです。

続きを読む




posted by アイネット at 02:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。